◎ 「先祖返り」外伝~ネスカルさんの おかげです。

おととい アップしたばかりの、自作短編小説 第13作目 「先祖返り」が 書けたのは、・・ 何を 隠そう、 「ネスカルとその仲間たちの生活」  http://nescal.blog.fc2.comこの方の おかげです。右側の「お気に入り、お勧めブログ」にも リンクがありますが、ガーデニング ブログを 運営されている ネスカル さんです。小説のネタは、以下の記事 (↓)から 頂きました。( http://nescal.blog.fc2.com/blog-entry-312.html )驚異...

続きを読む

◎ 自作短編小説 ~ 先祖返り

(作品No.013)ピンクの花びらを、クリーミーな黄色で縁どったチューリップ。今年だけで終わらせてしまうのは、もったいないですよね。花が終ったら、球根にして 取って置きましょう。でも、来年 植える時には、土壌の質に気をつけて下さい。単色のチューリップだけが生えてくる場合があります。園芸の世界でいう「先祖返り」ですね・・。-------------------とても爽やかな5月の朝、出勤の支度をしていた年雄...

続きを読む

◎ ノベラボに 惚れました!

ネット上に「小説投稿サイト」は、多々ありますが、私の イチオシ は、6月15日に オープンしたばかりの、novelabo(ノベラボ)!出版社 「ディスカヴァー」さん が運営している サイトです。          (詳しくは、こちら をご覧ください。)ご縁がありまして、さっそく、小説を 数本アップしてみました!もちろん、「横書き」のままでも いけるんですが、ここは 小説らしく、「縦書き」にしてみたところ ・・本当に...

続きを読む

☆ ヤッホーブルーイング で やっほーっ!

今夜 静岡市では、「安倍川の花火大会」家の電気を消して、窓から花火を見ながらなんと、贅沢にも ・・ヤッホーブルーイング(よなよなの里)の、ビールを飲み比べてみました。(もちろん、1人で飲んだわけでは ありませんが ・・。)左から、「よなよなエール」、「水曜日のネコ」、「僕ビール、君ビール。」、「インドの青鬼」 です。(Tokyoブラック は、売っていなかった ・・ 残念!)「名前や、パッケージが 独特」な だけ...

続きを読む

〇 秘密基地の ウラガワ・・

今日は、机まわりの 地味ーぃな お話です。前記事 「 男の机は 秘密基地!」 のそで机天板と、メイン机天板との 間ですが、普段は、ホコリが入らない様に ↑こんな物 を差し込んでいます。壊れてしまったプリンタの「紙トレイ」です(貧乏臭ーっ?)カッターで削ったらピタリと入りました。 意外と便利です!えー、机の上の細々としたものですが、左から、ペンスタンド、セロテープ、鉛筆削り、拡大鏡です。右奥の(百均の)老眼鏡...

続きを読む

〇 男の机は「秘密基地」!

いつも使っている机です。 (これは「基本バージョン」)作業スペースの 左端に 注目して下さい。実はこの天板、左に まだまだ長いのです!そで机との間に、板1枚分の すき間がありますね。なので、天板を上に持ち上げると、「ガコン!」と 外れます。しくみは簡単!6mmのタボと、8mmのタボ穴を 組み合わせるだけです。で、この天板を 右にズルーっと 動かして、もう一度「ガタン」という所で 手を放すと、別の穴で しっかりと...

続きを読む

◎ 大ワシ 対 龍?… 今頃 気になる ノストラダムス

22歳ぐらいより上の方なら、「ノストラダムスの大予言」って 覚えてますよね?ノストラダムスの詩集 【10巻の72】の和訳一九九九の年、七の月空から恐怖の大王が降ってくるだろうアンゴルモワの大王を復活させるためにその前後の期間、マルスは幸福の名のもとに支配するだろう。私も 学生の頃、「五島 勉」さんの本を、友達から借りて 徹夜で 熟読しました。しかし、無事に 西暦2000年が訪れると、当然のようにブームは去り...

続きを読む

☆ テーマ別 創作文学 トーナメント プレイバック

2015年に「にほんブログ村」内でテーマ別 創作文学トーナメント を行いました。7月は「海をテーマにした創作文学」9月は「食材をテーマにした創作文学」11月は「時代劇風 創作文学」 と いうテーマでした。それ以降も、・コメディー・年度替わり(卒業、入学、転勤、引越し等)・時空を超える・胸キュン(クリスマス、年末年始 含む)・冬 (心暖まる、あるいは 寒い)・帰省、帰郷、夏祭り・叙情・童話、絵本・スピリチュ...

続きを読む

☆ Twitter(ツイッター) 始めました!

今は、スマートフォン 全盛時代。スマホユーザーにも、このブログを知って貰うおうと、Twitter に出張所 を作りました。こんな 感じです!「ブログの写真を、そのまま遣えばいいじゃん!」 と、思っていたのですが、縦長写真は 横長に再トリミングが必要。これで良し!と 思っても、上下が不規則にカットされたりと、悲惨な状況。アクセスは、→ こちら ? から出来るかな? と思うのですが、機種によって出来たりできなかったり、 ...

続きを読む

◎ 紙芝居!いろんなところで使えます…使用例

昨日 掲載した紙芝居 「おあずけっ!」は 著作権フリーです。ちょっと大きめのサイズで アップしましたので、自由に加工して、お好きな様に使ってください。◎ 以下は小学校 高学年向けの  45分の授業案です。・・・ご参考までに。   ※ 私は教員免許は持っていますが、教員ではございません。【目標】・自分らしい生き方(いわゆる人生観)について考えてみる。・各個人によって、人生観は大きく違うことを実感する。・人...

続きを読む

◎ シュールな 紙芝居 ~ 「おあずけっ!」

シロ、ブチ、クロという3匹の犬がいました。一番の お楽しみは、ごはんを食べる事です。今日も、ご主人様が 朝ごはんを持って やってきました。「おあずけっ!」3匹は、2本足で立ち上がります。こうしている間に、ご主人様が お皿に ごはんを入れてくれるのです。「リリリリ リーン」・・・急に電話が鳴ったので、ご主人様は、ごはんを持ったまま 戻ってしまいました。犬たちは、「よしっ!」と言われるまで、座るわけにはいき...

続きを読む

◎ 人工芝から 天然植物が!?

ここ一週間ほど、ずーっと雨が続いていましたね。やっと 晴れた日の 朝はとても清々(すがすが)しく、幸せな気分になります。出勤の支度を終えた奥さんが ベランダで、エアコン室外機の上に落ちた ハトのフンを拭きながら、楽しそうな声で 私に言いました。「ねぇ、見てみて! 人工芝から 草が生えてる!」「へぇーっ!すごいっ! ありがたい事ですなぁー・・。」と、私は ほぼ反射的に 答えました。奥さんは、 「はてな?」とい...

続きを読む

○ 専用家具 だけど 汎用家具?

前回の記事で、ココの段差が気になった あなた!観察力抜群ですねー!  さすがです 敷き布団を敷いた時に、フラットになる様に調整しました。寝ている時でも 最下段がフルに引き出せる設計です。これが、その場所に合わせて作った専用家具(作り付け家具)の強い所であり、弱い所でもあります… !??現在は、わりと厚めの 快眠マットレスを使っておりますので、夜は 最下段が半分ぐらいまでしか 開きません。「変化」に弱いのは 「...

続きを読む

○ ニャンコもらくらく! 文房具入れ?

< わが家は にゃんこ仕様 その8 兼用記事 >「ベッドの枕元」の記事を書いたのが、3月3日のひな祭り。そして、今日は7月7日=七夕祭りなので(?)久々に 「ベッドの足元」の記事から 再開させて頂きます。何と言っても DIYブログですからね!(8週間ぶりですが…。)私の 畳ベットの 足もと部分は、左半分が 机(ベッドの角が イス替わり)、右半分が 小物入れ になっています。小物入れ には 文房具だけでなく、CDや ...

続きを読む

◎ 自作短編小説 ~ どんよりとした海

(作品No.012)あんたは、「天国」って言葉から、どんなところを想像するかい?はるか上空にある、明るい光りに満ちた花々が咲き乱れて、全てがふわっとした天使たちの音楽が聞こえてくる、暖かくて 優しい世界?なるほど。さて、その反対語を 並べてみようか?底のまた底にある、一束の光りも届かないプランクトンすら生息しない、重圧で押しつぶされそうな音の無い 極寒の 淋しい世界。そう、それが「深海」だ。どうだ、俺達とい...

続きを読む

◎ 叙情詩 ~ 自由への扉

自動ドアだったら問題は無い。誰も傷付けずに、出入りできるだろう。しかし、心の扉は重い。血の涙を流しながら、何度も こじ開けようとした。開くはずは無かった。パスワードが必要なのだ。「開け、ごま!」「Open the World !」「汝の道を、照らしたまえ」・・。夜中に大きな声を出すたびに、人を傷つけた。おそらく、この扉は一方通行、帰りの呪文など、存在するはずはない。それでも、扉の向こうに憧れる・・。自由と、りスク...

続きを読む

◎ 希望的リフレイン をリフレイン?

突然ですが、この頃、詩を書き始めました。◎ 社会風詩 「たいくつ・・ 事業主様へ」 6/30 と、◎ 抒情詩 ~ 魂の監獄 6/21 の、今のところ 2編です。書き始めたきっかけは、小説トーナメントで知った小奈鳩ユウさん のサイト 「代替品」 を覗いているうちに、・・・ なんとなく、書きたくなった からです。と いっても、彼の様な 「象徴詩」は ムリですので、「誰が読んでもわかる自由詩」で、書いています。今日も、また独学で ...

続きを読む