☆ 柚木の郷(1)・・ハードはサイコー! だけど・・


前回 記事にした「東静岡 天然温泉 柚木の郷」に、
早々に 行ってまいりました。

長~い アプローチの 右奥にある入口を目指します。
b128-01 (345x229)

左側には、ちょっとした植込みが・・
今の時期は、やっぱり ツツジ ですねっ♡
b128-02 (345x235)

左奥には謎の建物??
「柚木別館」という表札が架かっていますが?
b128-03 (700x525)

まあ その辺は気にせず、
突き当たりを 右に曲がると入口です。
●入浴料金
中学生以上 平日 850円(+税)、土日祝 950円(+税)
4才~小学生 平日 400円(+税)、土日祝 450円(+税)
●岩盤浴(中学生以上のみ可) +1000円(+税)

b128-04 (345x255)
(↑胡蝶蘭がたくさん)

受付嬢:「今日はどんなご利用ですか?」
私:  「岩盤浴をしたいのですが・・」
受付嬢:「では、入浴料と岩盤浴料ですね。(ピピッ)
2階で 岩盤浴着(レンタル)と敷タオル(レンタル)を お受取り下さい。」
私:  「フェイスタオルも1本下さい。」
受付嬢:「はい、150円での販売となります。」(ピピッ)
私:  (ゴソゴソ) ←財布を出そうとする音
受付嬢: 「あっ、清算はお帰りの時で結構ですよ。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2階の受付で 岩盤浴着と大判タオルを受け取って 脱衣場へ。
建物全体が、黒と白をベースにした 古風な シブい作り!
もちろん、できたばかりなので とってもキレイ ♡
b128-05 (345x460)

受付でもらった リストバンドを かざしてボタンを押すと、
グゥイ~ン と扉が開いて タオルが取り出せる
めちゃめちゃ カッコ良すっ!
b128-06 (345x226)

お風呂場での写真撮影は不可なので、文で説明しますが、
露天エリアには 源泉風呂(立ち湯)、炭酸泉、岩風呂、
寝湯、大きなフィンランド式サウナ、水風呂 等々、
内風呂には 熱湯、ぬる湯、座湯、ミストサウナ 等々、
(ナノ水も随所に使用)がありました。 う~ん。 充実。
(ジェットバスと 電気風呂が 無かったのが残念・・)
b128-07 (1068x1500)
これが、(1度失敗して)2度目に掘り当てたという 天然温泉
鉄が含まれている事が一目でわかる、茶褐色の いいお湯でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
内装は、ナチュラルモダン と言うのでしょうか?(実は、詳しくない)
木目調の化粧板や、焼き杉風の板、竹材などを使って、
いい感じに仕上げています。金具もゴールド系が多いです。
b128-08 (345x378)
男湯なのに「パウダールーム」? という表記が新鮮で(笑)
写真を撮ったのですが、 ここを訪れたブロガーさんの多くが、
「2つの物が無い!」と ご立腹中です。 何か解りますかねー?

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
以降は 岩盤浴着を着ないと入れない エリア。

2階には、「汗蒸幕」、「彩石房」、「冷爽房」、
「岩潤房」、「漢香房」への入り口があります。
b128-09 (345x430)

「彩石房」には 色んな種類の石が敷いてあります。
落ち着きます・・・そして、じんわりと 暖まります。
b128-10 (345x253)

汗をかいたら、ドリンクコーナーへ!
スゥィーツが食べれる 小さなテーブルも沢山あります。
b128-13 (345x259)

1階にあるトロッコサウナ「薬石熱香炉」に向かって
階段を下る途中の、スキップフロア?的な所に、
大きな「漫画コーナー」がありました。(写真はその一部
b128-14 (345x460)

「薬石熱香炉」では、特殊なブロックに囲まれた 溶岩石が、
熱~~い窯の中から、トロッコに載って出て来ます。
見ているだけで、汗ドボドボです。 (⌒~⌒ι)ふぅ~っ
b128-15 (345x480)

でも、私の一番のお気に入りは、その傍らにある
ピンク岩塩のプライベートルーム。 サイコーですっ!
b128-11 (345x461)

その上(2段ベッドのようになっている)には、岩塩の原っぱ!
1人がお嫌いな方は こちらへどーぞ。
※ この上をザクザクと歩くと、足裏のツボが 熱く刺激され、
思わず「アゥチッ!」と叫び 踊り出してしまいます。
b128-12 (345x487)

疲れたら3階のリクライニングコーナーで ひと休み。
中学生以上限定なので、静かに過ごせます。
しかも、このふかふかシート・・
もう、起きれんでしょうなぁー・・。
b128-16 (345x226)

浜松~富士のスーパー銭湯を いくつも見てきましたが、
私の中では、
ハード的には この施設が最高です!
 営業時間 9:00 ~ 24:00 (最終受付 23:30)
 土日祝は 7:00オープン 年中無休

泉質的には、静岡市葵区 「美肌湯」の、
  硫黄臭たっぷりで ツルツルしたお湯をおススメします。
 → おふろ cafe 美肌湯(bijinyu) のHPはこちら

しかし、いくらハードが良くても、
ソフト次第では、その価値も半減してしまうという事実・・。
それは、 → 次回の記事 に続きます


関連記事
スポンサーサイト
-------------------
お読み頂き、ありがとうございます。
「にほんブログ村ランキング」に参加しています。
ポチッと 押して頂けると、うれしいです。
  ↓ 

  
     ↑
  こちらは、
  ついでで 結構です。

コメント

コメントを書く

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント