◎ Xperia Z3 SO-01G 電池膨張 = 無料修理できた!


まずは、リチウム電池の爆発 の恐ろしさを 御覧下さい。


アルミ ラミネートフィルムが 風船のように膨らみましたね!
何故、あんなに厳重にコーティングされていたのでしょう?
それは、大変燃えやすい(電池内の)液体を、
酸素に触れさせない為です。

動画のように、穴をあけて「酸素」を送り込み、
包丁で何回か「ショック」を与えれば、大爆発します。
例えるならば、ガスを ボンベから シューっと空気中に放出し、
充満させて、火打石をカンカン叩けば 爆発するのと同じです。

さて、約3カ月前に、リチウム電池の膨張した
スマートフォン Xperia Z3 SO-01G
b141-03 おサイフケータイ使えず (345x225)
docomoショップに持っていったら「有料修理」と言われた。
という怒りの記事( → コチラ)を書きましたが、
再度持ち込んだら 無料で修理 してくれました。

同じような状況で、持ち込んだ人が 余程多かったのでしょう。
ネットによると、今や この修理は 2~3週間待ちだそうです。

docomo あるいは SONY が やっと、欠陥商品と認めた?
それって、評価していい事なの?

いえいえ! Andoroid6.0 にアップデートした方、
取扱説明書の「バッテリーについて」をよ~く見て下さい。
「本端末が内蔵電池の膨らみによる故障と判明した場合、保証対象外となり修理できないことがありますので、あらかじめご了承ください。なお、保証対象外ですので修理を実施できる場合でも有料修理となります。」と、付け加えてありませんか?
Andoroid5.0 の時には無かった記載です。

要約しましょう。
「この件については、もう無料修理しませんよ。アップデートした時に同意したはずですよね?」という意味です。

反省の色 全く無しですね。

確かに、OSをアップデートすると、プログラムが複雑になり、
動作が増える分だけ、電池の発熱量が上がる事はあり得ます。
しかし、アップデートは当然、「想定範囲内」のはずです。

ネット上にはいろんな情報が溢れています。
XperiaZ4 でも 同じ症状が出る。 Z5 では出ない。
Andoroid6.0 にアップする事を条件として修理に応じる。とか、
auでも 有償修理 20,000円だとか・・。

本当に (特定の)大企業のやり方には うんざりします。

私が、再度 docomoに スマホの修理依頼をした理由は、
イオンモバイル(→記事へ)に 0円スマホが無かったからです。
「無料」修理になった事を知ったのは 偶然でした、
まだ それを知らないユーザーにどうやって周知するのか?
既に有料で修理してしまった方も、遡って無料になるのか?
今後の対応を見れば、企業の体質がハッキリするかと思います。

いや、最も大きな問題は、リチウム電池が膨らんだ理由は
既に 酸素が発生したから
だ。という事です。
フル充電のあと、さらに充電が続くと、電解質溶液の中の
プラス極側(酸化リチウム等)から「酸素」が発生します。
この後、ショック があれば大爆発 しかねません。

ショックの種類としては、
・落とす
・充電システムの不備(100%になる手前で充電が止まらない)
・電気回路がショートする
など、いろいろと考えられます。

心当たりの方は なるべく早く修理して下さいねー。


関連記事
スポンサーサイト
-------------------
お読み頂き、ありがとうございます。
「にほんブログ村ランキング」に参加しています。
ポチッと 押して頂けると、うれしいです。
  ↓ 

  
     ↑
  こちらは、
  ついでで 結構です。

コメント

コメントを書く

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント