○ 壁や柱に穴を開けない 1 ~ はめ込み

わが家には、日曜大工に関する、幾つかのルールがあります。

その1つが、「むやみに、壁や柱に穴を開ない。」 です。
(もちろん、地震対策や、重量物の据え付け等、危険な時には
遠慮なく開けていますが … 。)

そこで、軽量造作物を固定する際、 私がよく使うのが、
→ はめ込み 挟み込み 古穴利用 です。

今回は、その中の1つ、「はめ込み」 について、
ねこゲート と スクリーンハウス を使って説明します。
b020-01 (345x460)

まずは、引き戸の縦枠にハメ込む 木材の太さを調べます。
いろんな太さの (はざい)">端材(はざい) があれば、一目瞭然です。
b020-02 (345x460)
黄色矢印の太さの木材を使うだけで、ヨコの固定は OKです!

b020-04 (345x345)
下の固定 は、引き戸のレール(黒矢印) を利用します。
ただし、丸い出っぱり(茶矢印)も 気になります 。

b020-05 (345x460)
出っぱりに当たる部分は 彫刻刀で削り 、
レールに当たる部分には、細い角材を接着します。
(この頃の木工用ボンドは、木材並みに強力です。)

b020-06 (344x460)
下部のハメ込み完了! しっかりと固定されています。


さて、「わが家の日曜大工ルール」 その2 は、
「電動工具は、ドリルドライバのみ!」 です。
  ・・・ 私が、おっちょこちょい過ぎて、危険なので ・・・。

上部には、複雑な段差ありますが、
a、b に当たる部分は、ノコギリ や ノミ などで 、
b020-07 (345x259)


・・・ 一心不乱に、削ります。
b020-08 (345x460)
もはや、日曜大工というより 「彫刻」 ですな ・・・ 。

C の段差は、設計の時点から気を使わないといけませんが 、
b020-09 (345x204)

ピタリ とハマると、 とっても気持ちのいいものです。
b020-10 (345x259)
これで、左、上、下の 固定完了! (外す時は、右にスライド)

最後に、「わが家のルール」 その3 は、
「夜は音を立てない!」 です。

と、いうことで 必然的に大工は 日曜の昼 となり、
このブログタイトルと なるわけですが・・・、 

この頃は、
ブログが楽し過ぎて、日曜大工してません…!

まさに、本末転倒中 です。



関連記事
スポンサーサイト
-------------------
お読み頂き、ありがとうございます。
「にほんブログ村ランキング」に参加しています。
ポチッと 押して頂けると、うれしいです。
  ↓ 

  
     ↑
  こちらは、
  ついでで 結構です。

コメント

コメントを書く

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント